RAPPORT HAIR

経験豊富なママさん美容師の採用に成功! 人材マネジメントに手がかからない美容室

【シニア向け】【低価格】 地方エリアでも成功を期待できる事業

美容室の多くは、【若者向け】【高価格帯・高付加価値】【駅前・都心出店型】。
ラポールヘアは全く異なった戦略をとります。
ヘアサロンの売上構成比の約6割を占める40代以上をメインターゲットとし、中規模の商業施設を中心に出店している、「予約なしで、買い物ついでに気軽に行ける」低価格帯の美容室です。

▼例えば、こういった地域で出店し成功しています。
・石巻店 (宮城県石巻市:総人口150,966人)
・名取手倉田店 (宮城県名取市:総人口74,740人)
・イオンタウン矢本店 (宮城県東松島市:総人口40,221人)


美容業界の常識を覆す雇用環境で経験豊富な「ママさん美容師」の採用に成功
⇒採用コスト減、マネージメントも容易、シニア層の接客に最適でお客様にも喜んでいただけています。

ラポールヘアは美容師の雇用環境を大幅に見直し、「ママさん美容師」が働きやすい雇用環境を創出しました。結果、求人募集には募集数を上回る応募が殺到し、採用コストを大幅に下げています。

託児ルーム
【雇用環境のポイント1】 託児ルーム併設型美容室

従業員の子どもも預けられるキッズルームを美容室内に併設。
保育園に通わせなくても勤務が可能です。

【雇用環境のポイント2】 柔軟な勤務制度の導入

家庭と両立できるよう、勤務可能な時間帯だけ働ける勤務体系にしています。

経験豊富なママさん美容師を採用するのでオーナーからの技術指導や専門知識の教育は不要となり、美容業界未経験でも店舗を構えられる美容室です。
また、若い人が多い美容室だとコミュニケーションが取りづらいというシニア層のお客様からは、落ち着いた年代のママさん美容師の接客に好評を頂いています。


独自の取り組みと、女性雇用創出への注目

東北への継続的な復興支援として雇用を創出する目的で始まったラポールヘア事業は、多数のメディアで取り上げられるなど注目を集めています。

《TV取材(一部)》

2015年3月 テレビ東京・日経スペシャル「カンブリア宮殿」
2015年3月 NHK「特集 明日へ-支えあおう-NHK東日本大震災プロジェクト」

≪受賞歴≫

2013年2月 JAPAN Venture Awards 2013 東日本大震災復興賞受賞
2013年7月 第27回人間力大賞
2013年9月 第27回人間力大賞 経済産業大臣奨励賞受賞

≪パートナー≫

・公益財団法人三菱商事復興支援財団
・JEBDA 新興事業創出機構
・一般社団法人MAKOTO
・アクセンチュア株式会社
・復興庁


【低投資】約3年で投資回収できるビジネスモデル

初期費用約1240万円(加盟金含む)で、年間480万円(標準キャッシュフロー)の収益を期待できる事業です。3年弱にて投資回収できるビジネスモデルです。

ラポールへアとは

ラポールヘアは、共働き世帯がますます増加傾向にある時代に、働く女性を支援し地域の雇用を創出する社会貢献事業です。


女性雇用の促進

日本の労働力人口は減少の一途をたどり、女性労働力の活用は大きなテーマとして注目されています。
「家庭と両立できる仕事が少ない」「受け入れてくれる企業が少ない」「子供の預け先がない」といった理由から就業を諦めている女性も多く、子育て女性のニーズに応える労働環境を提供できる企業はまだまだ少ないのが現状です。
ラポールヘアはサロン事業を通じて、このような雇用問題の解決に取り組む美容室です。
「地域社会での雇用を創出したい」「地域社会の発展に貢献したい」という思いを持たれている方は是非お問い合わせください。


設立の背景

美容室内の様子

ラポールヘアは、東北・石巻からスタートした事業です。
東日本大震災津波により、最大被災地の石巻市では約200~300店の美容室が流失し約500名の雇用が喪失されました。継続的な復興支援として雇用を創出したいとの思いから設立されたのがラポールヘアです。
出産後の女性がおかれている雇用を取りまく環境の改善は、女性と地域社会の活性化の為には不可欠であると思いフランチャイズによる全国展開を開始しました。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせはこちら 事業詳細資料請求はこちら

Topへ戻る